精神科の医師との仕事

私は以前、精神科の病院で看護助手として働いていたことがあります。小さな病院ではなく、入院施設のある病院でした。看護助手の仕事は患者さんとの関わりが主ですが、時に医師と仕事をする機会がありました。看護師ではないのでできる事は限られていますが、患者さんとの関っている時間が多いので、普段の患者さんの様子などをよくたずねられました。診察だけではわからない事も多いので、周りから見た様子も気にされていました。よく患者さんと向き合い、じっくりと話を聞き、共に病気の症状を落ち着かせていく事に努力されている人でした。素晴らしい医師 求人 サイトは 医師転職口コミ.comで探そう。

この病院では患者さんのために度々イベントを行っています。春は花見、夏には夏祭り、秋には文化祭と様々なイベントがあり、その中でも秋の運動会は患者さんがとても楽しみにされているイベントです。普段病棟から出ることのできない患者さんもその日は競技に出ることができます。そしてそれ以外に楽しみにされているのが、医師や看護師などスタッフのリレー競技です。これも仕事の一環なので、運動が苦手でも出場しなければなりません。ここは真剣勝負です。患者さんだけでなく、出ないスタッフも応援に力が入る、皆の気持ちが一体となるイベントです。この日は資格など関係なく楽しめる仕事です。看護師 転職 お祝い金